〜元の持ち主を探しています〜

太平洋戦争の後、各戦地に残された旧日本軍の将兵の遺留品を、多くの米軍兵士が記念品として本国に持ち帰りました。

こうした旧日本軍人の遺留品を、アメリカ・オハイオ州在住の日本人医師・加治安彦氏が、私財を投じて収集し、元の持ち主に返還するボランティア活動を、1971年から行っています。

その活動を支援するため、これら遺留品のデータをインターネットで公開し、皆さまからの情報をお待ちしています。どうかご協力をお願いいたします。

また上記以外にも、旧連合国在住の皆様から元の持ち主探しのご依頼をいただいていますので、併せて掲載しています。同じような遺留品で、元の持ち主をお探しの場合は、氏名とできるだけ詳しい情報とをご明記の上、写真を添付してお送りいただきましたら、当サイトに掲載させていただきます。


なお旧連合国側からも、遺留品探しの依頼がありますので、「旧連合国軍人の遺留品」のページに掲載しています。お心当たりの方はご連絡ください。また旧連合国軍人の遺留品を元の持ち主に返したいというご希望の方がおられましたら、英文版に掲載させていただきますので、情報をお寄せください。

追記(2010年4月):

なお、このホームページを制作、管理していた西羽潔は2010年2月17日に、逝去しました。故人とこのページを閲覧、支援してくださっていた方々すべてに厚く御礼を申し上げます。
故人は自分の余命があとわずかだと知ったときに、責任をもって運営をすることができないと、2009年12月23日の更新を最後に、当ページを自らの手で閉鎖いたしました。しかしそれは本人にとって無念なことでした。幸い、遺志を引き継いでこのページを継承してくださると、故人の友人であるGeorge Smith氏が、そしてそのサポートを加治安彦氏が申し出てくださいましたので、Smith氏のサイトに場所を移し、ここに再開したいと思います。管理者が替わりますこと、2010年4月以降の更新は新しい管理者によりますことを、ご了承願います。そして変わらず、このホームページを応援してくださいますことも、心よりお願いいたします。なお、お問い合わせ等は日本語、英語の双方で対応しています。                        
西羽潔の遺族より

遺留品についての情報またはお問い合わせは、下記アドレスへお願いします。
senso_ihin@yahoo.co.jp

遺留品を返還希望の方はこちらもご覧ください。

こちらのサイトでも遺留品の持ち主を探しておられます。

戦没者を慰霊し平和を守る会

ガダルカナル島の戦争遺品

OBON 2015

下記のアメリカのサイトでは、実に多くの遺留品がオークションに出されています
遺留品をお探しの方は、一度覗いてみてください。
eBay - Japan, WW II 1939-45, Militaria, and Collectibles items

このサイトへのリンクは自由におはりください。よろしければ次のバナーをお使いください

制作;西羽 潔
制作年月日:2004. 2. 7
リニューアル

2010.4.25

数多くの戦争体験記のリンク集です。